ゴールドカードによって空港ラウンジサービスの内容が違ってきます

ゴールドカードを持つと、国内外の空港ラウンジを利用することができます。
利用できる空港ラウンジの数はカードによって差があるので、旅行好きの人は、利用ラウンジ数を比較してゴールドカードを選ぶと良いでしょう。
利用ラウンジが多ければ、各地の空港でラウンジを利用しやすく、飛行機に乗るたびにゴールド会員のステイタスを実感できます。
利用ラウンジ数が少ないと、馴染みのない空港でラウンジを探すのがおっくうになって、ラウンジ利用を諦めてしまいがちで、サービスの恩恵を受けにくくなります。
つまり、ゴールド会員になって年会費を払えば、この「プライオリティパス」の年会費がタダになるというわけです。
国内の空港ラウンジの利用数は、カード会社がしのぎを削っており、最近ではカードによる差が減りつつあります。