教育ローン公的機関と民間の違い

教育ローンには公的機関と民間のローンとがありますが、金利を比べるなら国の方が有利です。
年率2.
85%という低金利で、日本政策金融公庫からは融資が可能です。
教育ローンを銀行で借りると、金利は低くて3%台だとされています。
国の教育ローンは、民間の教育ローンより審査に通りにくく、貸付条件が厳しく設定されている傾向があります。
教育ローンとはいえ、借金をするという事実は忘れないでおきましょう。
確実に返済をしてもらうために、日本政策金融公庫側も審査を厳しくせざるをえません。
国の教育ローンの基準としては、収入が安定している事や、年収や子供の数などの基準もあります。
審査ではどのポイントが重視されているか、自分は審査に通る見込みはあるかなどは、日本政策金融公庫に申し込む前に確認しておきましょう。
奨学金制度を利用して、教育に必要なお金を確保するという方法も考慮したいものです。
奨学金と教育ローンの大きな違いは、借り主が保護者である方が教育ローンであり、学生である方が奨学金です。
奨学金や教育ローンのいずれの場合でも、いつ申込みを行い、返済条件はどのような内容になっているかなどの情報を収集することが重要です。
教育ローンに関するパンフレットなどがあれば、貸し付け内容などはわかります。
日本政策金融公庫の場合、国民生活事業の各支店に窓口があります。