住宅ローン審査で正社員は評価される?

住宅ローン審査での正社員の評価については、他の勤務形態と比べて有利なのは間違いないでしょう。
最近は非正規雇用の比率が若い人で多くなっており、特に新興の金融機関では伝統的な金融機関より取り扱いは出てきているとはいえ、正社員より不利なのは間違いありません。
住宅ローン審査における正社員は一番の存在です。
正社員でしたら、他の借り入れが無く延滞履歴等が無ければ、大体年収による返済比率の計算で算出される金額の住宅ローン借り入れが出来ます。
ただし、金融機関側としては若年者が減ってきて正規雇用が減っている現在の状況で、あまりえり好みをしたり、非正規労働者の審査のノウハウを蓄積するのを怠った場合はしっぺ返しを食うかも知れません。