外貨mmfのメリットは

円安局面での、外貨MMFのメリットのひとつは、為替差益にあります。
つまり、円でドルの外貨MMFを買ったなら、次に売る時に円安、ドル高になっていれば、その差を利益として受け取る事ができます。
多くの国は、円よりも利率が高いので、それに連動した配当金と共に、売却したときの差益が得られるのです。
もうひとつは、輸入品の価格の上昇に対するヘッジがかけられる点です。
円安になると、ガソリンなどの輸入品は、高くなるのが普通です。
その分、外貨MMFで得をしていれば、お金は減りません。
しかし、もし円高になった後で売ると、その為替差が損になってしまいます。
あまり利率の高くない通貨の外貨MMFを買ってしまい、円高になれば利子の分が吹き飛んでしまいかねませんので、積立式の外貨MMFで運用するなどの工夫が必要です。
また、普段からその通貨の動向はニュースなどで見ておく方が良いでしょう。
外貨MMFを徹底比較!手数料が安く利回りが良い業者を選ぶコツ