フラット35とは?

フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は住宅の価値を重視して審査を行います。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入する際は他にも費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
だいたい、数十万単位〜数百万単位の金額が一般的の様です。

http://xn--35-9i4aua7d9fp407b02sc.skr.jp/